発症してから24時間以内という『突然死』の多くが心臓病によるものです。
心臓病は普段の生活習慣に大きく影響し、
年齢を追うごとに発症リスクが高くなるため、気をつけたい病気のひとつ。
一体、どのように気をつけたらいいのでしょう?
突然の病気のリスクに備えるために、
まずは心臓病について詳しく知ることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓病は生活習慣病の一つです。

日本の心臓病による死亡率は年々増加傾向。
その大きな要因として考えられているのが、日本人の食生活の変化や運動不足やストレスといった
生活習慣が大きくかかわっていると言われています。
だからこそ、日常生活を意識することが心臓病の予防につながります。
まずは心臓病のことをよく知って、どのような対策をしていけばいいのか考えていきましょう。

2011年の主な死因別死亡数の割合|資料:厚生労働省『人口動態統計より』

心臓病にはいろんな種類がある

心臓病は心疾患の総称なので、いろいろな種類があります。
心不全に関しては心臓機能が低下している状態で『心不全』という病気があるわけではありませんが、
ここでは代表的な心臓病をメインにそれぞれの特徴を詳しくご紹介します。

>>その他心臓病はコチラ


心臓病の検査や治療について

心臓病の自覚症状があったら、検査をしてもらいましょう。受診するところは循環器内科などで診てもらいます。

【主な心臓病の検査】

最初に問診・触診などの一般的な診察が行われ、
この時点でどのような病気であるか
おおよそ推測することが出来ます。


続いて行われるのが一般検査で、心臓病の診断に限らず他の病気の可能性も探っていきます。


診察と一般検査を受けて、心臓病の疑いがある場合は
さらに詳しく調べるために特殊検査を行います。
この検査によって心臓病であるかどうか確定診断します。


病気の種類や症状に合わせて最適な治療が行われる

【心臓病の治療について】

心臓病の治療は病気の種類や症状によって様々な治療が施されます。 ここでは薬物療法、カテーテル治療、外科的治療をメインに それぞれの治療内容について詳しくご紹介します。 また治療後のリハビリテーションについてもご紹介してますので、 ご参考下さい。


INDEX PICKUP 他の臓器に影響を与える心臓病の合併症
Copyright(c) ハートライフネット All rights reserved.